加藤茶が明かす、志村けんドリフ加入秘話がヤバいwwww

128223ヘッダー用2

128221 108 コンテンツ風レクタングル【2列×3段表示】

128220 ヘッダー用

VIVO_アプリ風


エッチなまとめ速報_モコム


1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2018/04/16(月) 05:05:08.56 ID:CAP_USER9
加藤茶が明かす、志村けんドリフ加入秘話…決まりかけた有力候補の存在

加藤茶が、14日放送の『たけしが行く!わがままオヤジ旅3 古都金沢…爆笑珍道中』(テレビ東京系)に出演。ビートたけしと、ドリフターズ秘話に花を咲かせた。

1974年、メンバーだった荒井注が体力の限界を感じて脱退。その後、付き人だった志村けんが正式メンバーに昇格した。ここでたけしが、ブルース・リーのモノマネをしていたことで知られたもう1人の付き人・すわ親治(旧芸名すわしんじ)の名を挙げ、「あの当時ブルース・リーのほうが笑いを取ってたような気がする」と回想。

ここで加藤が語ったのは、リーダー・いかりや長介が入れようとした最有力候補の存在。それが、ジャズオーケストラ「豊岡豊とジョークエリントン」の指揮者、豊岡豊(2012年没)。当時いかりやは、荒井と同い年で、普段から仲も良く、面白かったという豊岡をドリフの新メンバーに入れると決めていたのだとか。

それに「待った」をかけたのが加藤。「一緒に回っていて作り方も知っているし、考え方も同じ奴」ということで、当時付き人で兄弟子だった志村をいかりやに推したのだという。

続きはこちら
https://www.rbbtoday.com/article/2018/04/15/159813.html

続きを読む
128222SP用 108 コンテンツ風レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

精力剤


Talking_モコム


128219 下部用

Talking_モコム